別れさせ屋の料金形態とはどんなもの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の料金形態とはどんなもの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の料金形態とはどんなもの?パリッシュギャラリー

・各事務所によって形態はバラバラ

別れさせ屋には決まった料金形態がなく、いくらかかるかも各事務所が好きに設定しています。

工作員の人数や工作内容によっていくつかのパックとして販売しているパターンや、回数制や稼働期間によって料金を定めているケースが多いようです。

また、成功した場合のみ支払う成功報酬制を取り入れているところも目立ちます。

成功報酬制は一見すると余計に支払いが増えるようにも思えますが、工作が失敗してしまっても全額支払うことを防げるので、依頼人に優位なシステムです。

どの料金形態が優れていると決められるものではりませんが、オプションや追加料金には注意が必要です。

例えば、50万円のパックで依頼したと思っていたのに、工作にかかる経費はその都度別に請求される契約で、終わってみたら支払いが100万円を超えてしまったなんてパターンもあり得ます。

安いパックだからと安心していたら、見落としていたせいで、かえって高くついてしまうトラブルは珍しくありません。

一般的には別れさせ屋に依頼すると100万円から300万円くらいかかると言われています。

もちろん、どのような依頼かによって料金には大きな差が出ます。

まずは見積もりを出してもらい、なぜその料金になるのか、きちんと説明してもらいましょう。追加金や成功報酬があるならいくらなのかまできちんと聞き出します。

嫌な顔をせずに、きちんと納得するまで説明してくれるかどうか、スタッフの対応をよく観察しましょう。

言葉を濁したり、詳しい説明もなく契約を強く勧めてくる場合は、信用できません。

できるだけ安く済ませたいと思うのが人情ですが、そこにつけこまれないように、まずは落ち着いて依頼する相手を吟味しましょう。

・安すぎる別れさせ屋には注意

安すぎる別れさせ屋の危険性はそれだけではありません。

値段が安いということは、それだけ調査にかける費用も少ないということであり、工作員の質もそれ相応と思ったほうがいいでしょう。

あまり料金が安すぎいるところに依頼すると、お粗末な工作で失敗する確率が跳ね上がるだけでなく、あなたが別れさせ屋に依頼したということが相手にばれてしまう可能性も高まります。

どのような案件であっても、相手にそんなことが知られてしまったら大変です。信頼関係はボロボロになるでしょう。

それに、別れさせ工作は一度相手に依頼したと知られてしまうと、再び工作しても成功はかなり難しくなります。

料金も大切ですが、依頼する別れさせ屋の質には最大限こだわってください。