別れることが最善なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れることが最善なのか
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れることが最善なのかパリッシュギャラリー

別れさせ屋によせられる依頼内容は様々です。既婚者が配偶者の浮気を知り浮気相手と別れさせたいとか、自分を振った男性にもう一度自分のことを恋愛対象として考えてほしいから、現在の相手と別れさせてほしいということもあるでしょう。

依頼内容は「別れさせる」ということですが、それぞれの背景によってどのように別れさせるか、アプローチを掛けるかは変わってきます。例えば単に別れさせたいと言う内容の場合は、魅力的な異性を近づけさせて気持ちをそらすという方法もありますが、この方法だと工作員に対して恋愛感情を抱いてしまうことになるので、復縁を望む人には適していないといえます。

また性別によっても別れさせる方法は変わってきます。男性と女性では恋愛観も変わってきますし、対象人物がどれほど決断力があるのか、物事の切り返しが早いのかなど、まずはしっかりと別れさせたいとおもっている人物について研究していくことが必要になってきます。

効果的な別れさせ方をするために必要になってくるのが、情報量。たくさん情報があればあるだけ物事は早く進んでいきますし、様々な角度からアプローチをかけていくことができます。好きな芸能人や趣味、よく聴く音楽やよくいる場所など。あまり重要とは思えないことも意外に大事だったりするのです。

とにかく知っている限りのことを別れさせ屋に伝えましょう。あとはどの情報が必要で、どれが不必要かを担当者が決めてくれるでしょう。ただ誰かと別れる、もしくは誰かと誰かを別れさせることが最善の選択とは言えない場合もあります。人の人生を大きく左右させるものともなり得ないので、安易に決定したり、強要させることは避けなければいけません。

男性も女性も恋愛にハマってしまうとなりふり構わず突っ走ってしまいますが、別れさせ屋に依頼する際にしっかりと状況だけではなく、自分の気持ちも整理してみることで「何が最善の解決策なのかを見極めることができるでしょう。