『男性ストーカーを撃退するには』

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『男性ストーカーを撃退するには』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『男性ストーカーを撃退するには』パリッシュギャラリー

ニュースで何度も問題になるストーカー行為。かつての交際相手や顔見知りの男性、または全然知らない人からのストーカー行為がエスカレートすると、身の危険を感じるほど恐ろしいものです。
実際に、殺人事件に発展したことも何件かありました。
ストーカーをされていることに気がついたら、迷わずに身を守るアクションを起こしましょう。
別れさせ屋はストーカー対策も行っています。

■ストーカーの80%が男性

ストーカー行為とは、待ち伏せや自宅への押しかけ、行動監視、無言電話、性的な嫌がらせなどを、特定の同じ人に対して何度も繰り返し行うことです。
ストーカー行為をするのは圧倒的に男性の方が多く、約80%が男性だといわれており、共通する特徴があります。自己愛が強くて自分勝手、そして独占欲も強く男尊女卑の傾向がある、相手も自分が好きだという妄想を抱く、などの特徴があり、精神疾患がある人もいます。
いずれにしろ、最悪の事態を招く恐れもあるので、油断してはいけません。
ストーカー行為により名誉を傷つけられたり、生命の危険を感じたりすると、まずは警察に通報しましょう。警察からストーカーに対して警告を発してもらうことが、有効な場合もあります。

■早い段階で別れさせ屋に相談を

警察に相談してもなかなか解決しない場合は、別れさせ屋に相談し、ストーカー別れさせ工作を依頼してみるのも良いでしょう。
別れさせ屋は、ストーカー行為の撃退のために工作活動や行為の証拠集めをして、解決に導いてくれます。
そのためには、被害者との綿密な打ち合わせが必要になるので、加害者について知り得る情報や、どのようなストーカー行為をされているのかをすべて話しましょう。足りない情報は、別れさせ屋が調査します。
別れさせ屋は心理学にも精通しているので、それらの情報をもとにストーカーの心理や性格などを分析して、最も有効な工作方法を考えます。
ストーカーへの対処は一つ間違うと、とても危険な目に遭います。最悪の事態にならないように、自分だけで何とかしようと思わないで、早い段階でプロの別れさせ屋に相談しましょう。