『別れさせ屋のターゲットが男性の場合』

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『別れさせ屋のターゲットが男性の場合』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『別れさせ屋のターゲットが男性の場合』パリッシュギャラリー

「別れさせ屋」のターゲットが女性の場合と男性の場合とでは、工作方法に大きな違いはあるのでしょうか?ターゲットが男性の場合、どんな工作方法が多いのでしょうか?ターゲットが男性の場合の成功率は高いのかどうかも気になるところです。
これらの点を探ってみることにしましょう。

■工作方法に大きな違いはあるの?

まずは、ターゲットが男性の場合と女性の場合で、工作方法に大きな違いがあるのか、どんな方法があるのか探ってみることにしましょう。
工作方法は各社ともトップシークレットではありますので、口コミ等をチェックするしかありません。異性を近づけるという方法が最初に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?ですがこの方法は、場合によっては違法行為になってしまうこともあります。
むしろ同性の工作員を最初に近づけてターゲットの信頼を得た上で、様々なアドバイスを行なったりする方法が有効だったりすることもあります。
男女による違いというよりも、ターゲットの性格や行動パターンによって工作方法が違ってくると言えそうです。

■男性の場合の成功率は高い?

それでは、ターゲットが男性の場合成功率は女性に比べて高いのでしょうか?
成功率は、案件の難易度に合わせて工作員の熟練度を合わせて対応しますので、どの案件もフィフティフィフティというのが正直なところのようです。また、どの時点で成功と見なすかは依頼者によって異なって来るのではないでしょうか?
例えば、依頼者が復縁を望んでいた場合、ターゲットを別れさせることには成功しても、ターゲットの気持ちが依頼者に向かわなかった場合は、成功したとは言えません。依頼者の目から見ればそれは失敗になります。
また、別れさせることに成功しても、また、別の対象者に気持ちが行ってしまうこともあります。
つまり、何をもって成功とするかは依頼者の視点によって変わってくることになります。

ターゲットが男女による違いについて探ってみましたが、工作方法は男女による違いというよりも個人の性格等による違いが大きいということになりそうです。
また、成功率も男女による大きな差はないと言えそうです。