「既婚者男性を別れさせ屋に別れさせてもらう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「既婚者男性を別れさせ屋に別れさせてもらう」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「既婚者男性を別れさせ屋に別れさせてもらう」パリッシュギャラリー

不倫はルール違反だとわかっていても既婚者に恋をしてしまい、付き合っている女性は以外にも多くいます。最初は男性もそして独身の女性もお互いに了承済みで遊びの関係でスタートしたのにも関わらず、いつの間にか本気で好きになり自分がいつも側にいたいなどの独占欲が出てきたり、または妊娠してしまった、愛人じゃなく妻になりたいなどという理由で離婚して、自分と結婚してほしいと思い始めてしまいます。人の家庭を壊すことがいいのかどうかは倫理的に疑問視はされるかもしれませんが、どうしても好きな人と一緒にいたいという強い願いを持っていて、リスクもいとわない人は別れさせ屋に相談する人もいます。

・別れさせ屋に男性を離婚させてもらうために別れさせ屋に男性を離婚に導いてもらうためには、状況によっては緊急な場合があります。単に別れさせたいだけで、男性の方にはそれほど離婚の意思がない場合にはじっくりと時間を掛けて下調べやカウンセリングをする必要があります。男性の心をしっかり捉えることが大事になってくるからです。しかし、できるだけ早く男性に離婚してもらうべき状況に、現在妊娠しているといった場合があるでしょう。

・男性を離婚させるのは簡単ではない相手方に奥さんだけではなく、子供がいた場合、離婚に関連して慰謝料や養育費の支払いの発生が生じることを認識する必要があります。不倫していたという事実が配偶者に分かれば不貞行為の相手として訴えられ慰謝料を求められることもあるというリスクもあります。別れさせ屋に頼めばそういったケースをできるだけ避けるようにはしてくれますが、リスクがないわけではありません。また男性は妻に対しての信頼関係や、家族とのつながりと言った愛人にはない深いつながりがあるため、口では「離婚する」と言っていても、実際には離婚をしたがらないという場合もよく見られます。

どうしても男性に別れてほしいのであれば相談することが出来ますが、それなりの覚悟とリスクを理解することは大事でしょう。