別れさせ屋の相談事例②元カノとよりを戻したい男性の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の相談事例②元カノとよりを戻したい男性の場合
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の相談事例②元カノとよりを戻したい男性の場合パリッシュギャラリー

「別れさせ」た後に復縁したい 別れさせ屋への依頼人にも様々な種類がいて、離縁もそうですが、復縁も目的として依頼をしてくるという方も中にはいます。よくあるのは、自分が誰かと不倫をしていて、相手には離婚してほしい。そしてそのあとに、自分と再婚してほしい。そのための援助をしてほしいというものです。

このような依頼の場合においては、「復縁」という目標の前段階として、「離縁」というステップを踏む必要があるわけで、依頼工作を段階的に考えていく必要があります。工作を通じて、復縁までを援助してほしいか離縁までを手伝ってほしいのかは依頼者の希望にもよりますが、こういった「別れをきっかけに復縁したい」という希望を持つ人は結構いるようです。

ここでは、別れさせ屋にそんな依頼をした男性の事例を一つ紹介したいと思います。離縁の後に復縁のためのカウンセリングもしてくれた 依頼者には、以前交際していた恋人がいましたが、現在は別れています。その女性に新しい交際相手がいることを知った依頼者は、その女性のことを諦められずに別れさせ屋に工作を依頼。依頼内容は、「その女性と新恋人を別れさせてほしい」というものです。

別れさせ屋では、事前調査を済ませたうえでその男性が働くバーに女性工作員を派遣しました。まずは客としてターゲットに接近し、徐々に親密度を高めて行きます。次第に仲がよくなってきたターゲットと工作員は、友人関係となり、次第に二人で食事をするように。何度かそういった関係が続き、気が付くとデートもするようになり、ついには女性工作員のことを好きになってしまいます。その結果として、ターゲットの男性は女性と別れることを選択。この時点で工作の第一段階が成功です。 その後は、依頼者と女性との復縁工作へと移ります。

依頼者が女性とコンタクトをとる前に、簡単なカウンセリングを実施、別れた原因を自分なりに分析して、自己改善をしたうえで連絡をとったと言います。その後、何回かデートを重ね、結果的には復縁に成功したとのことでした。 こんな風に、離縁はもちろん復縁までのサポートもしてもらえるというのは、別れさせ屋の魅力と言えるでしょう。