別れさせ屋を雇う時……ターゲットが男性の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋を雇う時……ターゲットが男性の場合
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋を雇う時……ターゲットが男性の場合パリッシュギャラリー

公言して言う人はあまりいませんが、別れさせ屋という職業の人をつながりが持てた場合、もしかしたら仕事を依頼したい、という人は結構な数いるのではないでしょうか。もちろん「私は○○と××を別れさせたい!」と日ごろから声を大にして言っているような人はほとんどいないはずです。常識から考えて。しかし、誰でも心の中で昔の恋人ともう一度付き合うことができたら……なんて一度くらい考えたことがあるのではないでしょうか。その思いが一瞬の気の迷いではなく、ずっと心の中の残っていて、それを吐き出してしまいたい、それに向けて動いてみたい、そんな人のために別れさせ屋は存在しています。昔の恋人とよりを戻したいけど今はすでに別の恋人がいる様子昔の彼氏とまた恋人関係に戻りたいけど、今はすでに別の恋人がいる様子。そんなことは結構珍しくないような状況だということがいえます。このような状況で、ターゲットであるカップルが別れてしまうような状況を作り出すことを得意とするのが別れさせ屋です。方法とはしては異性の工作員をターゲットに近づけ、親密な関係を作り出します。つまり外見も性格も魅力的な女性をターゲットの男性に偶然を装い引き合わせ、関係性を作り出すのです。

ターゲットが習慣的に通うバーに常に偶然居合わせたり、職場に営業で訪問しに行ったりと様々方法で接近していくのです。その上で友達以上のよう親密な関係性を作っていくのですが、公序良俗に違反するようなことをしてしまっては法律違反となってしまうのでくれぐれも注意が必要です。つまりターゲットと肉体関係を持つようなことはしてはいけないのです。とはいえ、別れさせ屋によっては、肉体関係を利用して必ずターゲットを落としてみせます、のような広告を打っているところもありますが、これは間違いなく法律違反となりますので注意しましょう。ターゲットの男のもとへ工作員は偶然を装い頻繁にターゲットの男の近辺に出現し親密な関係となっていきます。そのうえで親密そうにしている写真を撮ったり、彼女と一緒にいる際に偶然目の前に現れ修羅場を演出したりと様々な方法で破局の状況をつくりだしていきます。関係を作るためには長期間の準備や布石が必要となるため費用がかさんでしまうこともしっかりと覚悟しておきましょう。