別れさせ屋への依頼人には男性も多い

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋への依頼人には男性も多い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋への依頼人には男性も多いパリッシュギャラリー

別れさせ屋へ依頼をする人には女性が多いですが、なかには男性の依頼者もいます。もちろん別れさせ屋ではターゲットの性別を問わず工作活動を進められるよう、男性の工作員も女性の工作員も用意していますから、どんなケースでもその点は安心して相談することができます。

○男性からの依頼に多いパターン男性の依頼者のなかには、現在の奥さんと離婚したいけれどなかなかうまくいかないという人が多いように見受けられます。奥さんのほかに好きな人がいる場合もありますし、そういった理由でなく純粋にこれ以上結婚生活を続けていくことは無理だと判断して別れさせ屋へ依頼するケースもあります。離婚したいという依頼で男性が女性とことなる点は、離婚したあと奥さんが経済的に自立できるかわからないという点です。ふたりともはたらいていて自活能力があるなら問題はありませんが、専業主婦であったりパートタイマーであったりと、ひとりで暮らしていくにはじゅうぶんな収入を得ていない既婚者女性も少なくありません。そういった場合には、すでに気持ちは冷めていても長年連れ添った情から相手を見捨てられなかったり、奥さんの側も離婚を避けたいと強情になってしまうことも多いのです。その結果、スムーズに離婚したいという思いで別れさせ屋に依頼するという選択をすることになるというわけです。

○別れさせた相手へのアフターフォローも別れさせ屋では、離婚が成立して依頼が成功したあと、依頼者だけではなく別れた奥さんに対するアフターフォローにも応じてくれます。奥さんと親しくなった工作員がある程度フォローすることで、離婚後の大変な時期を奥さんの側も乗り越えやすくなりますし、依頼した男性としても離婚、そして別れさせ屋への依頼という選択肢をとったことについて罪悪感を保つ必要がなくなるのではないでしょうか。もちろん、自分とパートナーを別れさせるというケースだけではなく、特定の女性とその恋人とを別れさせてほしいという依頼もあります。そのあとその女性と交際、もしくは復縁したいというときには、そのためのサポートも依頼できます。自分ひとりでがんばることはないと思うと安心できますよね。