絶えない旦那の暴力から解放されるために

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 絶えない旦那の暴力から解放されるために
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
絶えない旦那の暴力から解放されるためにパリッシュギャラリー

言葉であれ腕づくであれ、家庭内での旦那の暴力から逃れたい、関係を終わらせたいと思う女性はゼロではありません。いわゆるDVが社会問題化したのは2000年代前半辺りからになります。この問題が噴出した当初と違い、現在はメディアをそれほどにぎわしているとは言えませんが、被害件数だけ見れば、日本社会でも他人事では問題であることがわかります。

離婚したい動機が旦那のDVとなってくると、どちらかと言えば弁護士に相談する方が賢明なのかもしれません。ですが、問題を法廷に持ち出せば、どうしても角が立つ部分がありますし、自分に対して暴力をふるってくる相手に対して、そのような対処ができる女性も多くはありません。

もともとは芯の強い性格であったとしても、絶えない暴力行為によって委縮してしまっているということもあるでしょう。穏便に事を済ませるのであれば、DVを法律上の問題として扱う弁護士よりも、離縁のための工作を行ってくれる別れさせ屋に相談・依頼する方が賢明かもしれません。

別れさせ屋での工作の場合、依頼者が別れたい相手が自然に別れるように仕向けるのは一般的です。工作員の接近によって、対象の興味がそちらの向くように誘導し、依頼者との関係は自然に疎遠にしていくわけです。「別れさせる」とは言っても強引な形をとることはほとんどなく、自然消滅のような形をとるわけです。

原因がDVにあるような事例の場合、下手の法律上の問題にしてしまえば、形式的には問題が解決したとしても、怨恨やトラウマと言った心理的な傷が気になります。傷つけば、ケアをするのにも時間がかかりますから、「離婚した後には前向きに新しいパートナーを探したい」という人にとってはあまりよい形ではないかもしれません。

子どもがいれば、その子の気持ちも汲んであげる必要があるでしょう。いずれにしても、絶えない暴力から逃れるための選択肢の一つとして、別れさせ屋に依頼をするというのは覚えておいて損はありません。穏便に事を済ませたい、という要求には応えてくれるはずですから、まずは相談から始めてみましょう。