「旦那と別れて自由になりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「旦那と別れて自由になりたい」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「旦那と別れて自由になりたい」パリッシュギャラリー

最近は、熟年離婚という言葉が一般化しているほど、長く寄り添った夫婦の離婚が増えてきております。その多くは、女性が旦那さんに愛想を尽かしたり、これ以上生活を共にするのが耐えられない、といったケースから生まれてきているようです。

早く夫と別れて自由になりたい、そんな時にもまた、別れさせ屋の出番です。もし結婚して20年近く経った状態で、周りに離婚したいと相談したら、どういった返答がくるでしょうか。「せっかく20年続いたのだから我慢すれば?」「もう再婚できる歳ではないし、生活だって困るでしょう」といった意見がほとんどであり、決して肯定的に見てくれる人は少ないでしょう。

でも、そこで離婚を諦めてしまうと、一生その人と一緒にならなければなりません。これに耐えられない人が、別れさせ屋に相談するのです。離婚をする時に焦点となるのは、親権問題、そして慰謝料です。ただ熟年離婚であれば、もう子供は成人していることが多いでしょうから、親権問題でそこまで揉めることはありません。

一番の争点は慰謝料です。基本的に、離婚に当たって落ち度がある方が支払うことになっております。でも、生活の中での問題だったり、性格の問題であれば、なかなか慰謝料までこぎつけることは難しいのです。そこで、別れさせ屋は、相手に工作員を近づけて浮気までもっていったりするのが、ポピュラーな手法となっております。

これだと、離婚する大義名分もできますし、慰謝料もしっかりと取れる可能性が高いのです。ただ、何十年と一緒にいた人にそこまでするのは・・・と抵抗がある人もいるでしょう。その場合は、ハニートラップではなく、他の手段で離婚成立できる手段を考えてもらった方がよいでしょう。

大事なのは、別れた後、相手にできる限り恨みや辛みをもたれないようにすること、そして怪しまれないようにすることです。結婚生活を長年続けると、相手の嫌なことは当然出てきます。それが一生続くぐらいなら、別れた方がましだと思う女性も少なくないでしょう。旦那さんと別れて本当に後悔しないのか、その後きちんと生活することができるようになるのか。そういったところも十分に見極めてから、依頼するようにしましょう。