別れさせ屋での旦那問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋での旦那問題
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋での旦那問題パリッシュギャラリー

・旦那からのDVを受けている

近年、DV(ドメスティックバイオレンス)は非常に難しい問題として取り上げられています。

旦那からのDVに耐えながら必死に生きている妻の姿はドラマでも描かれる程です。

DV行為とは、何も肉体的な暴力だけとは限りません。

相手に精神的ダメージを与える行為も立派なDV行為になります。

DVを行った後、旦那が泣いて反省してきたからと言って許してしまう人も非常に多いのではないでしょうか。

また、耐えられないから別れたいけれど、別れたいと言えばまた暴力を振るわれるという恐怖に怯えて暮らしている人も少なからずいるでしょう。

こういった問題でも別れさせ屋に依頼することが可能です。

・旦那の暴力を許してはいけない

旦那の暴力行為が悪化すると、自分自身の心が病んでしまったり、日常生活が難しくなってしまいます。

最悪の場合、事件に発展する恐れもあります。

DVは悪化すればするほど別れることが難しくなり、別れずに逃げたとしても旦那がストーカー行為に走り、場所を特定されてしまい引き戻されてしまうケースもあります。

DVを行った旦那が反省したからといって許してはいけません。

1回だけだったから大丈夫と思ったら、またDVをされたというケースがほとんどです。

あなたの身の安全を守るためにも、一歩前に足を踏み出して別れる準備をしましょう。

・旦那からの暴力に耐えきれず別れたい

離婚することを想定して結婚をする人は、まずいないと思います。

しかし、自身が壊れるほどひどい結婚生活なら離婚するということも選択肢の一つです。

DV行為といえば、肉体的に暴力を振るわれることだと思われがちですが、冒頭でお伝えしたように、精神的暴力もDV行為です。

言葉による罵声や暴言を浴びたり、人間として扱われない行為、物へのひどいやつあたり等、様々な行為がDVに当たります。

精神的暴力なら肉体的暴力よりも別れやすいと思われがちですが、DV男は離婚を回避する傾向があります。

別れたいのに、DV男にうまく言いくるめられて、やっぱり好きなのかもしれないと思わせられ、情が湧いてなかなか別れられなくなるというケースが非常に多いのです。

その繰り返しが自信を壊してしまう結果となってしまう前に、1人でなんとかしようとせず、別れさせ屋に相談してみると良いでしょう。