『旦那が別れさせ屋に依頼する内容』

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『旦那が別れさせ屋に依頼する内容』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『旦那が別れさせ屋に依頼する内容』パリッシュギャラリー

草食系男子という言葉が市民権を得ましたが、こうした傾向を反映してか、旦那さんが別れさせ屋に依頼する内容が変わって来ているようです。
どんな内容が増えて来ていると思いますか?見てみることにしましょう。

■奥さんを取り戻したいという依頼もあるけれど

旦那さんが別れさせ屋に依頼する内容として、奥さんを取り戻したいので、交際相手と別れさせて欲しいという依頼や、元旦那さんが別れたことを後悔して復縁を依頼してくるケースもあります。
いずれの場合も、奥さんを取り戻すことが最終目的です。もちろん、今でもこうした依頼をしてくる方は多いようですが、最近は逆の依頼をしてくる旦那さんが増えて来ているようなのです。
つまり、自分から離婚を切り出すことが出来ないけれども、奥さんと上手く離婚出来るようにして欲しいという依頼になります。
離婚したいのであれば直接話し合えば済むことだとも思えますが、離婚は慰謝料や養育費、親権等々想像以上に大変なことがあります。裁判所のお世話になることなく出来る限り穏便に済ませたいと思っている旦那さんにとっては、別れさせ屋に依頼してごく自然な流れで離婚に進むのがベストということなのかも知れません。

■もしかしたら、別れさせ屋かも?

もし、最近急にモテ始めたら、それは旦那さんが別れさせ屋に依頼している可能性を考えてみた方が良いかも知れません。工作員は、自然な出会いを装って近づいて来ます。
また、最近知り合った人が、やたらと旦那さんとの離婚や結婚以外の人生の素晴らしさなどを語っている場合も、別れさせ屋の工作員である可能性があります。
よく、別れさせ屋の工作員というと魅力的な異性が接近してくるものだと思いこんでいる人がいますが、言葉巧みに別れを勧めて来る同性であることの方が多いかも知れません。特に合法的な方法で別れを工作する場合は、魅力的な異性であるよりも、一見信頼出来て親身に話を聞いてくれる同性の方が良いこともあります。

工作にはある程度の時間と資金が必要になって来ますし、100%成功するとは限りません。穏便な別れにはそれなりの期間と費用を想定しておくことが必要なようです。