旦那と別れたい人が別れさせ屋に依頼する時に気を付けたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 旦那と別れたい人が別れさせ屋に依頼する時に気を付けたいこと
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
旦那と別れたい人が別れさせ屋に依頼する時に気を付けたいことパリッシュギャラリー

離婚したいという、一番ベターな理由「夫の酒癖、暴力などの生活態度が耐えられない」「夫、家族の他に大事な人ができてしまった」「いくら話をしても、なかなか夫が家庭のことを顧みてくれない」 理由ならいくらでも出てきますが、いつの時代でも「離婚したい」と考える方は存在します。結婚した当初はうまくいくものと思っていたとしても、二人で暮らしていく過程のどこかで歯車が狂い、修正が利かないままにそのずれが大きくなっていく。あまり想像したくはありませんが、現実として起こり得ることであるのは間違いありません。

そんなわけで、離婚したいという理由で別れさせ屋に依頼をするという人は存在します。あらゆるケースの中でも一番ベターなものと言ってもよいかもしれません。依頼者が工作に協力しなければならない場合も しかしながら、その相談事例の中には、業者側から見て「これは困る」という依頼のしかた、依頼者の態度というものも存在します。 例えば、依頼をしたはいいけど依頼者が調査や工作に対して協力的ではない場合。

もちろん、別れさせるための工作をしていくのは別れさせ屋の仕事にはなるわけですが、その過程で依頼者の協力が必要になる場面というものは出てきます。特に離婚するための工作の場合、依頼対象と依頼者がダイレクトにかかわってきますから、工作員がより接触しやすくようにするためとか、旦那の心象が変わるための振る舞い方とか、工作の要所要所で、依頼者の協力が欠かせません。 ですが、依頼はしたはいいけれど、工作に対してどこかひとごとになってしまう依頼者もいるようです。

あるいは、ばれた時のリスクを恐れてしまうからか、工作に関わること自体から敬遠してしまうという人もいます。気持ちはわからないではないですが、業者側からすれば「困った」というのが率直な本音でしょう。 あるいは、浮気された恨みを晴らすために、工作をしてこっぴどく凝らしめてやりたいと言った動機で依頼をする人。これも気持ちはわかりますが、別れさせ屋に依頼をするということの意味が違っています。基本的には、別れさせ屋は両者の関係が悪化するような工作は行わないですし、どちらかと言えば事態を円満に片づけることを優先するということも、依頼をする前に覚えておきましょう。