旦那が社内恋愛してしまった人のための別れさせ屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 旦那が社内恋愛してしまった人のための別れさせ屋
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
旦那が社内恋愛してしまった人のための別れさせ屋パリッシュギャラリー

いつごろからか、旦那が家に帰るの遅くなってきた。家に帰ってきてもどこか妻に対してよそよそしい態度で、携帯電話で誰かと連絡をちょくちょくとっている。相手が誰かと聞いても教えてくれない。こんな態度が気になってしまえば、「不倫しているのかも」「社内の誰かと関係を作ってしまったのでは?」という疑惑を抱かざるを得ません。社内恋愛の証拠をつかむ難しさ 社内での恋愛、不倫関係などを解消してほしいという依頼は別れさせ屋に良くくる依頼の一つのようです。

結婚している人の場合、社内での旦那の人間関係はなかなかつかめるものでもなく、気になっても証拠を手に入れるまでに一苦労でしょう。人によっては、自分だけではどうしようもないというケースもあるように思います。 こんな風に、ある程度専門の業者の力がないと、欲しい情報が手に入らない、必要な措置をとることができないというケースになってくると、別れさせ屋に依頼をするという選択肢も必要となってきます。 社内恋愛に別れさせ屋が介入する場合、工作は難しくなるケースもあるようです。

調査対象もその恋人も同じ会社にいるわけですから、2人きりの場面をつかんだとしても、シチュエーション次第ではいくらでもごまかしがききます。大抵のことは「会社の仲間」とか「仕事の関係で」と言った言葉で片づけられますから、工作以前に証拠となる情報を手に入れるまでに一苦労するようです。穏便に別れさせることの難しさ しかし、別れさせ屋もそこはプロです。

何もできずにただ手をこまねいているというわけではありません。そういった難しい状況の中でも、工作員の接触に成功したり、情報を手に入れたり、最終的にはその社内恋愛を破局させるところまでもっていくという事例は存在します。ただ、その過程は難航を極める場合が多いようです。 社内恋愛の別れさせ工作の場合、「できるだけ穏便に済ませたい」と言った要求が出てくるのが難しいところ。例えば、妻が旦那の社内不倫を辞めさせようにも、結果として旦那の社内での信用がガタ落ちになるようでは生活が困ってしまうわけです。そういったデリケートな問題が関わるのは、こういったケースの難しいところでしょう。