もう旦那の顔も見たくない!そんな人のための別れさせ屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - もう旦那の顔も見たくない!そんな人のための別れさせ屋
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
もう旦那の顔も見たくない!そんな人のための別れさせ屋パリッシュギャラリー

海外では愛情表現はすごくストレートなものです。恋人に対してももちろんですが、結婚したあとも自分の妻に対して美しさの賛辞や、愛情の表現は毎日言葉に出して表現しています。それに対して日本ではどうでしょうか。日本の奥さま達は自分の旦那から、その日の髪型、笑顔、服装、料理などに対してしっかりと声をかけられているでしょうか。なかなかそんな人はいない様子です。また、日本は謙虚の文化であり、相手より自分を下に置いた表現をすることが美徳とされている部分があります。それは外部の人に対する自分の配偶者に対する表現もそうであり、自分の妻のことを「愚妻」と言ったり、「ウチのは本当にダメで……」なんてことを社交辞令のように話すものです。もう我慢ができない社交辞令はともかく、自分の旦那からの心無い言葉に我慢の限界を迎える妻たちも数多くいます。そしてそんな人達がたたくのが別れさせ屋の門です。一緒の空気を吸うことですら我慢ができないようになると、とてもではないけど同じ家で暮らしていくことなんてできません。でも自分から離婚を切り出すことはできない、そんな場合は別れさせ屋で工作を行ってもらうことが有効です。

女性工作員が接近オーソドックスな方法は女性工作員を近づけて不倫関係を構築する方法です。魅力的な女性と偶然に出会う機会を作り、親しい関係を作ります。数回に渡りデートを繰り返し、タイミングを見計らって奥さまとばったり出くわすのです。「そんな人とはもうやっていけません」と離婚届を渡せば終わりです。もちろん工作員が肉体関係を持つことはありませんので、ホテルに入ろうとする瞬間をとらえたりするのが一番効果的なタイミングです。デートをしている場面にばったり出くわすのが、奥さまだけより、奥さまの親と一緒の方がより効果的です。自分の娘を裏切った旦那に対しての親の怒りは想像に難くありません。その後の離婚までの流れも速くなります。この場面に子供を遭遇させることはあまり望ましくはありません。自分の親の浮気の現場を子供に見せるのはさすがに酷ですし、そこまでする必要はない場合がほとんどです。有利に離婚をする方法はいくらでもあります。状況に合わせてそれらを選択していくだけです。未来を良くするために、一歩を踏み出す勇気を持つようにしましょう。