別れさせ屋 × 旦那

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋 × 旦那
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋 × 旦那パリッシュギャラリー

別れさせ屋を雇うケース

sample01

別れさせ屋が雇われるケースはいろいろですが、1つのパターンはあなたの配偶者か、恋人があなたとの関係を終わらせたくて雇う場合です。
そんな事実を受け入れるだけでもつらいことですが、実際に世の中にはそういう人たちが山ほどいます。何年も結婚生活を続けてきたからとか、すでに彼氏と付き合って長くなるからといって、必ずしも相手のことを分かっているとは限りません。
重要なことは目の前で起きていることに対して感情を入れずに分析することです。

旦那が前の女性とよりを戻したくなった場合

sample01

例えば、今あなたと旦那さんの結婚関係があまり良くないとします。旦那さんにはかつて付き合っていた彼女や、別れた奥さんがいるでしょうか。
男性の心境として、今の奥さんとの関係が悪いと過去の美しい思い出に戻りたくなることがあります。
つまり、「結婚する前つきあっていた彼女は優しかった」とか「前の妻はこんなじゃなかった」と過去を美化することがあります。そうなったとしても一般的な常識をもっている男性はそうした間違った感情を押し殺すものですが、愚かな男性はその感情に突き動かされるように行動し始めます。奥さんとの関係が気まずくなればなるほど、前の女性との関係を取り戻したいと思うようになり、その感情のままに連絡し、関係を回復させ始めます。そうなるとますますその感情は燃え上がり、あとは結婚関係は崩壊に向かうのみです。
あなたとの結婚関係は単なる負担でしかなくなり、早く終わらせたいとすら思うようになります。

今の関係を続けるなら危ないことはしないに限る

sample01

それでも、自分から好きな女性がいるから別れてほしいなどとは言えないため、業者を雇って工作するのです。
つまりあなたに工作員を接近させ、あなたが浮気をしているかのように工作し、その写真を撮るなどして、それをご主人の手にわたし、ご主人はそれを理由に離婚を迫るというシナリオです。ご主人と関係がたとえ冷えきっていたとしても結婚関係にある以上、女性のほうも危うい関係には近寄らないことが一番です。
まだ、ご主人との関係を回復させたいと思っているなら、努力を傾けましょう。