別れられない女性

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れられない女性
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れられない女性パリッシュギャラリー

別れさせ屋に男性が離縁の依頼をする。言い換えれば、その男性に別れたい、あるいは分かれてほしい女性がいた場合、難しい依頼と言うのはどういう場合でしょうか。もちろん、業者の側は依頼を受けた以上はひとまずは「受ける」という方針で話を聞いていくわけです。

とはいえ、依頼段階で、あるいは実際に工作を進めていく過程で、ことがうまく運ぶ場合もあればそうでない場合もあるわけです。一般的に、男性と比べて女性は感情的な一面があると言われています。

ある物事に対して、それが論理的に正しいかどうかとか、合理的かどうかとかという基準でものを考えるよりも、むしろそれが好きか嫌いかとか、不快かどうかとか、そういう感覚で考える傾向があるという意味です。生理的な感覚による部分が大きいため、理屈で推し量ると見えてこない部分、わからない部分があると言えるでしょう。

別れさせ屋にとっても、難しくなるのはその点かもしれません。相手が論理的に考えて動いている場合、工作の段階でも「こうすれば、こう動く」というものが読みやすいわけです。ですが、感情と言う主観性の強いもので相手が動くとなると、予測を立てるのがなかなか難しいと言えるでしょう。

自分たちが工作を行ったからと言って、相手がこちらの動いてほしいように動いてくれるかどうかが未知数なわけです。行った工作が計算通りに働いてくれれば良いのですが、それが空転してしまえば自体は深刻になります。

別れさせるという依頼の成功率が下がってしまうのはもちろんですが、逆恨みからストーカーになったり、こちら側が調べられたり、依頼者がしつこく詰問されてしまったり。相手は相手で「調べられた」という事実を知れば文字通り感情的になりますから、なだめるのにも一苦労で、問題はさらに大きくなってしまいます。

いずれにしても、ケースがあまり複雑だったり、深刻すぎる場合には、別れさせ屋でも対処ができないことがありえることは知っておく必要があるかもしれません。女性には独特のこだわりがある部分もありますし、依頼をする際には、そのあたりのリスクとメリットとを秤にかけて、事態を丸く収まるようにしなくてはなりません。