「別れさせ屋の女性工作員はプロ中のプロ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「別れさせ屋の女性工作員はプロ中のプロ」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「別れさせ屋の女性工作員はプロ中のプロ」パリッシュギャラリー

離婚したくても相手が受け入れてくれない、そんな時には別れさせ屋の出番です。自分ではなかなかできないことも、その道のプロがありとあらゆる手を使って、別れまで演出してくれます。そして、それを可能としているのが女性工作員の存在です。彼女たちはプロ中のプロと呼べるほどの人材なのです。

<選ばれたトラップガール>
業界内では”トラップガール”とも呼ばれております。要は、罠を仕掛けて男性を虜にするというものです。もちろん誰でもなれるわけではありません。一人前になれるのは30人に1人といわれるほど狭き門でありますが、工作員として活躍しているのは、そうした試練を乗り越えてきた女性ばかりなのです。容姿はもちろん整っているのですが、あまりに綺麗すぎてもいけません。なぜなら、なぜこんな綺麗な人が自分に近づくのかと不審がられることもあるからです。

多くは、親しみやすくそれでいて可愛らしい、そんなちょっと地味目の女性が好まれます。そしてトラップガールには、2種類あり、男性に接触する担当、そして女性に接触する担当です。男性に接触するのは、浮気をするように誘導するためであり、何となくイメージもできると思います。もちろん、最後の一線を越えることはしません。あくまでギリギリのラインで親密になっていくのがプロの凄さです。そして女性に接触するというのも大事な役割です。例えば、女性がターゲットになる場合、いきなり男性工作員が近付いても警戒されます。

そうならないように、まずはトラップガールが自然に近付いて親しくなり、そこから男性工作員を交えていくという流れにします。トラップガールは、容姿はもちろんですが、さまざまなケースに対応できる演技力、そして機転が必要となります。だからこそ、30人に1人という、選ばれた人材のみができる仕事なのです。また心理学にも長け、時に大胆さも必要となります。そして何より、親しみやすさが大事です。相手に警戒されてしまえば元も子もありません。相手が親近感を持ってくれる女性が活躍します。別れさせ屋に所属している女性工作員は、プロ中のプロと呼べる逸材なのです。