別れさせ屋の相談事例④元カレとよりを戻したい女性の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の相談事例④元カレとよりを戻したい女性の場合
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の相談事例④元カレとよりを戻したい女性の場合パリッシュギャラリー

別れたはいいけれど、やっぱりよりを戻したい。恋愛をしていれば、誰しも経験のある感情でしょう。割とすぐに切り替えられるという場合もあるかもしれませんが、どちらかと言えばフラれた側の人間としては、割り切って新しい相手を探すというのもなかなかうまくは行きません。 まして、別れた相手にすぐに新しい交際相手ができたと知ってしまったとなれば、その未練は薄れるどころか強まってしまうということも考えられるのではないでしょうか。

そんな時に辛いのは、「よりを戻したい」と思ったからと言って、それが必ずしも叶うとは限らず、むしろうまくいかない場合の方が多いということです。 その感情をうまく忘れることができればいいのですが、あまり気持ちを抑えられないようであれば、別れさせ屋に依頼をするという手段もあります。交際相手とよりを戻すためだけに依頼をするというのは珍しいパターンかもしれませんが、決して実例が無いわけではありません。 ここでは、交際相手とよりを戻すために別れさせ屋に依頼をした人の事例を一つ紹介したいと思います。

依頼者は長年付き合っていた彼氏と別れたのですが、その人に新しい交際相手がいることを知ります。しかも相手と婚約。諦めきれない彼女は、別れさせ屋に工作を依頼。離縁から復縁までをサポートしてほしいと相談しました。 この依頼では、まずは男性の婚約者と女性の工作員が接触。徐々に二人が仲よくなっていく中で、タイミングを見て新たに男性の工作員も女性に接触します。

三人がらみでゴルフスクールに行ったりしていく中で、半ばなし崩し的に男性工作員とその女性が交際をするという流れを演出。結果として、女性はその男性と付き合う方を選び、依頼者の元カレとの婚約を解消したとのこと。 そのあとで、依頼者には復縁の援助を実践。具体的には、別れたばかりの男性にアプローチするための会話術やメールのコツなどをアドバイスし、復縁が上手くいくようにサポートしたと言います。単に彼氏とよりを戻すくらいで業者に依頼するのは大げさに思えるかもしれませんが、そういう案件でもきちんと対応してもらえますから、安心です。