女性にとってストーカー被害はとても怖いもの。別れさせ屋にご相談。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 女性にとってストーカー被害はとても怖いもの。別れさせ屋にご相談。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
女性にとってストーカー被害はとても怖いもの。別れさせ屋にご相談。パリッシュギャラリー

ニュースを見ていると、かなりな頻度でストーカーによる傷害事件が起こっていることがわかります。アイドルのストーカーによる事件など、悲惨なものが数多くありますが、ストーカーで一番多いのは、元恋人がストーカーになるケースです。別れた恋人が、しつこく電話やメールをしてきて、いつの間にかストーカーに変わってしまう、というケースが多いようです。電話やメールだけでなく、夜帰宅すると、家の前で待っていたりすると、女性にとってこれほど怖いことはないはずです。このような場合にも別れさせ屋は工作を行います。別れさせ屋の仕事とは、「決別」させることストーカー被害が広まるにつれて、ストーカー規制法による被害縮小を警察は目標にするようになりました。しかし、たとえ被害を訴えたりしても、その対応は「定期的な訪問」や「定期的な巡回」だったり、ずっと見守ってくれるわけではありません。その「定期」の間に損害を被る被害者が多いのです。

そのようなことにならないためにはどうしたらいいのでしょうか。ストーカーに対してきっぱりとした態度をとる?ストーカーに対しては毅然(きぜん)とした態度で、このようなことはしないように言う、という人もいますがそれは残念ながら間違いです。逆上したストーカーに何をされるかわかったものではありません。マンツーマンで会うことは絶対にしてはいけません。別れさせ屋では、なかなか縁を切れない元恋人との決別もしっかりとサポートします。では、どのようにするのかというと、男性工作員が恋人のふりをして、元恋人と話をするのです。ただの男性では、ストーカーに対してこちらの主張を伝えることはなかなかできないかもしれませんが、工作員は心理学的なコミュニケーション術だったり、法律的な知識を用いて相手に切り込んでいくことができます。そこでの会話の内容を記録したり、様々な方法を採りながらストーカー行為をあきらめさせるのです。アフターフォローもしっかりともちろん向こうがそれに応じたからといってすぐに撤収したのでは、意味がありません。話が終わった後もしばらくは様子をうかがう必要があります。完全に安全が保障されて初めてこの工作は終了することになります。