別れさせ屋のテクニック!ターゲットが女性の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋のテクニック!ターゲットが女性の場合
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋のテクニック!ターゲットが女性の場合パリッシュギャラリー

別れさせ屋はターゲットに対して工作員を接触させることによって、恋愛感情を抱かせたり、親密な友情をきずくことによって現在の婚姻関係や交際関係に終止符を打つ仕事のことです。文章で見るとすごく難しいことを簡単に書いてしまっているように思えるかもしれませんが、そこに携わっている工作員たちはみんなプロばかりであり、その工作活動はまさにプロフェッショナルの仕事なのです。女性のターゲットに近づく方法女性がターゲットの場合も多いです。その女性と不倫関係にある男性の妻が、旦那を自分の元へ戻すために別れさせ屋に依頼をしたり、原因は様々です。しかし、不倫のような複雑な状況での異性との逢瀬を実行しているようなしたたかな人が、後から現れた男性(工作員)に対して心を開くものなのでしょうか。答えはイエスです。どのような状況であったとしても、女性に心を開かせる方法はあります。ターゲットの性格や好み、背景や生活環境を十分に研究し、そのうえで自然を装い接近していくのです。それも「運命的」なタイミングや方法で。そして運命的なものに弱いのも女性なのです。

偽装恋愛を作り上げるまで女性は自分を理解し、包容してくれる人をもとめているものです。工作員は事前の準備を入念にするうえで、ターゲットが求めているようなものなどを調べておき、望まれる環境や性格、所作で接近していきます。最初は例えば映画館で席が隣にあった、というような当たりまえの偶然から始まり、ターゲットの会社へたまたま営業にいって再開、喫茶店でも再開し軽くお茶を飲み、次の食事に誘い……というようにたくみにステップアップしていきます。そのように進めていくうえで、同時に現在付き合っている彼氏だったり、夫だったりの悪い情報を渡し、関係に亀裂を入れていきます。やがては恋愛関係に持ち込み、別れさせるやがては恋愛関係になることが大切なのですが、大切なのは肉体関係を持つことは法律に違反してしまう、ということです。なぜならあくまで仕事で行っていることで肉体関係を持つことは「公序良俗」に違反してしまうからです。別れさせ屋を選ぶ際は十分に注意しましょう。法律にしっかりとのっとった活動をしてくれる別れさせ屋を探すことが大切なのです。