別れさせ屋に持ち込まれる女性からの依頼は、時に残酷なこともある

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋に持ち込まれる女性からの依頼は、時に残酷なこともある
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋に持ち込まれる女性からの依頼は、時に残酷なこともあるパリッシュギャラリー

男性ならよく分かるかもしれませんが、女性という生き物は時に残酷な一面を見せることがあります。特に恋愛においては、非情なことをすることもあります。別れさせ屋に持ち込まれる依頼を見てもそれがよくわかります。やはり女性の依頼内容の方が、利己的で残酷なものが多い傾向にあるのです。

<ただ自分の感情を満たすために>別れさせ屋に依頼する人は、別れさせた後に自分と結ばれることを目的としている人が多くいらっしゃいます。でも、女性の場合はそうとは限りません。ターゲットを別れさせることだけを目的としている人もいらっしゃいます。それは、単に私怨なのか、嫌がらせなのかは人それぞれです。ただ共通しているのは、こうしたねたみ・そねみなどの感情を満たすために依頼される人がいらっしゃるということです。そこには、完全身勝手な依頼としか言えない内容もあります。別れさせ屋としても、もちろん内容によっては断ることもあります。ただ、別れさせた後のフォローまでは行わないことがほとんどです。つまり、単純に別れさせるという目的であれば、ほとんどの依頼を受けざるを得ません。依頼が成功したとして、そこで満たされるのは依頼人の一時的な感情だけなのです。

<元交際相手、知人、家族など様々>依頼人の多くは、元交際相手です。他にも知人であったり家族の方であったりとさまざまです。元交際相手が多いのは、別れた相手が幸せになっているというのが許せないのでしょう。中にももう一度自分とよりを戻したいという人もいらっしゃいます。でも女性は恋愛に関してはドライです。すでに過去の人と割り切っている人が多いのです。その上で依頼をされるわけですから、先ほども説明したように、自分の気持ちを満たすだけの目的であることがあるのです。別れさせ屋も、タダでできる訳ではありません。時には数百万円かかることもあります。単に自分の感情を満たすためだけにここまで行動できるのは、ある意味恐ろしいです。女性の時折見せる残酷な一面に、男性は戦々恐々しているのではないでしょうか。あなたも、過去に関係を持った女性から、別れさせ屋を通じて悪意を向けられることがあるかもしれません。お気をつけください。